無理のない返済はモビットの便利なおまとめローンを利用しましょう

おまとめローンとは、複数社からのローンやクレジットを抱えている人がそれらをまとめることにより、金利を低くしたり、支払い利息を少なくすることができるとても便利で有利なローンの一本化のことを言います。

おまとめローンのメリットとしましては、金利の負担が軽くなることがあげられます。

これが、おまとめローンの最大のメリットであり、最大の目的であります。

複数社の高い金利のローンを、低い金利のローンに一本化することにより、月々の返済額また総返済額が軽減されるのが最大のメリットであるため、もしも最終的な金利が高くなってしまうということがあればそのおまとめローンは失敗であるといえます。

おまとめローンにより金利が低くなり、その分を元本の返済に割り当てられるために元本が減るスピードが速くなり、その分借金返済の早くなるという効果も期待できます。

複数社から借入れしている場合、自分の返済額があとどれくらいあるのか、また返済日がまちまちのため返済日のわからなくなり、次々のせまる返済日に結果自転車操業のような形となり借金が増えてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなときは、おまとめローンを利用して、返済日と金額を一定に月々の返済を管理をしやすい状態にし残高と返済額wぽ明確にし、長期的なマネープランをたてることをおすすめします。

もう一つのメリットとしては、借り入れ件数を減らすことになるため、信用度が増し、有利なローンを組むことができることです。クレジットカード会社の審査では、借り入れ総額を重視します。しかし、ローン、キャッシングの審査では、借り入れ件数を重視します。つまり、何件から借り入れしているかということです。そのため、件数が多ければ信用度が低くなるということです。そのため、おまとめローンにより借り入れ件数を減らすことが信用度が増し有利なローンを組めるようになるのです。

おまとめローンのデメリットとしては、場合によっては金利がそれほど安くならない場合もあることです。なぜなら、消費者金融等と比較した場合、とても安く見えるため安いと勘違いしてしまう場合もあるのですが、金融機関は貸し倒れリスクの高い債務者に関しては、高い金利での貸し付けをおこないます。現在の状況が多重債務になっている場合は貸し倒れリスクが高いと判断され結局金利が高くなってしまうこともあります。また、減らせる借金を減らさずに返済してしまうこともあります。おまとめローンをすると、融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その時に通常利息制限法による引き直し計算はされません。そのため利息制限法による引き直し計算によって借金を減らしたり、過払い金を返還できるのを機会を失ってしまったりということもあります。完済後に過払い金返済請求はできますが、司法書士や弁護士に依頼すれば成功報酬が発生します。おまとめローンを組む場合はデメリットも考慮しましょう。

おまとめローンの申し込み時期としましては、ベストな時期としては、金融業者が繁忙期ではない10日前後、または28日以降、またはキャンペーンの開催期間中がねらい目ではないでしょうか。また、審査に不安がある場合、おまとめローンを申し込み拒否された場合、申し込み記録が残るためあまり印象がよくありません。もしも審査に不安がある場合は三件程度同日中にまとめて申し込んだほうがよいと思います。また、申し込みの際は記入ミスや記入漏れにより審査を通らないひともいますので、申し込み書はきちんと確認し丁寧に記入しましょう。

おまとめローンの審査におちる原因としては、条件は多々ありますが、勤続年数、ブラックリスト、申し込みブラック、他社への借り入れ件数が原因であることが多いでしょう。

勤続年数に関しては、どれくらいの期間会社で働いているかということです。最低ラインとしましたは、3か月未満や6か月未満であるということで設定している金融業者が多いです。勤続年数が1年以上5年未満の場合は評価としては普通となりますので、申し込みのタイミングを考えておこないましょう。

次にブラックとは、主に3か月以上返済が遅れているとうかたや、自己破産などの法的処理が行われたひとのことをいいます。金融機関のネットをつかい、情報を確認することができるので虚偽の申請をしてもすぐにわかってしまいます。この情報はブラックリストの状態が解消してからも1年から10年間は末梢されません。自分でも調べることは可能なのできになる人は、申し込みの前に一度確認してみるのもよいでしょう。

次に、申し込みブラックとは短い期間中に立て続けに3件以上申し込む人がいますが、この方法でローンを組もうとしたときに、金融業者の審査担当の人には、この人はよほどお金に困っているひとだと判断され審査が通りにくい状況になります。ローンの申し込み履歴は個人信用情報として個人信用センターに照会すると申し込み者の情報を確認することができるため気を付けましょう。この申し込み履歴は消費者金融なら1か月、それ以外であれば6か月で末梢されるので、その期間がすぎてから申し込みを再度おこなったほうがょいでしょう。

次に、他社への借り入れ件数ですが、ローンの審査は残りの借金の総額よりも、他社への借り入れ件数の多さを重要視します。例えば、1社からの借り入れが300万円ある人と、3社から50万円づつの借り入れがある人では、1社から300万円を借りている人のほうが評価が高くなります。評価が高いということが、信用できる人として評価されます。

自分の他社借り入れ件数に応じておまとめローンの計画を立てましょう。他社への借り入れ件数が2から3件程度のひとは低金利のローンに申し込むのがよいでしょう。もしも6件以上の他社への借り入れがある場合は少々金利が高いとしても少しづつ他社の借り入れ件数を減らしていく方法があすすめです。

モビットは低金利で安心のキャッシングサービスです。人生の計画の立て直したい。または安心したサービスをうけたいうという人は、数ある金融業者の中でも安心して借り入れできるモビットでおまとめローンの相談をしてみてはいかがでしょうか。

RETURN TOP