森友学園の幼稚園補助停止について

率直にあなたの意見を教えてください。そう言われれば、私は迷わず誰が悪くてもどうでもいいと答えてしまいそうなほど毎日ニュースを騒がせているこの森友学園問題。譜が幼稚園補助を停止するということは当然のことだと誰もが感じるはずだが、幼稚園と共に保育園も経営していると別のニュースで報じられていた。幼稚園は各家庭の医師で入学しているが、保育園は幼稚園とは異なり通う側が選ぶことは難しい。実際に選択の権利はあるのだが、今問題となっている待機児童の都合上、選択して断れば、やっと順番の回ってきた待機児童の列に逆戻りという現実がある。働くお母さんお父さんにとっては選ぶことができないと言っても過言ではないはずである。様々な問題があり補助金が停止となるわけだが、それによって保育園の運営や教育にしわ寄せは必ず来ると思うと簡単に森友学園問題はどうでもいいという率直な気持ちがゆがむ。しかしニュースを見てどうなっているのか毎日見届けるしかない私たちにとって間違ったことや悪いことをしている力や声の大きい人のせいで犠牲になる人が居ないことを祈るばかりである。不正にお金を受け取っているとすれば、最後は教育者として子どもたちによりよい片付け方を見せてもらいたいと感じる。

モビットのWEB完結申込は本当に在籍確認なしなのか?
三井住友銀行グループのモビットは他のWEB完結とは違って、勤務先への連絡なしで審査が最後まで完了します。誰にも秘密で借りるならモビットが一番安心です。

借金の額を早めに減らせるおまとめローン

借金をしてしまっている人の多くは、ひとつの金融機関からではなく、いくつのかの金融機関から借り入れを行っているという方が多くいます。

いくつかの金融機関から借り入れを行うことは、ひとつひとつの金融機関での借入額は少ないものの、分割での支払いを行うことは、いつになっても借金の金額が減らないということにもつながります。

また、複数の支払いを行うということは、支払いの管理をすることにも手間がかかってしまうことから、計画的に返済をすることができないという問題も発生してしまいます。 

複数の金融機関からの借り入れをまとめることによって、多重債務者の負担を軽減させることができるようにと、おまとめローンという方法があります。

おまとめローンは、いくつかの金融機関から借り入れを行っている借金をひとつなやまとめることができるという方法で、多重債務者の負担が軽くなるという特徴があります。

複数の金融機関からお金を借りてしまうと、早めに返済をしなければ、利息が高くなってしまうため、いつまでも借金を返さすことができなくなってしまいます。

しかし借金をひとつにまとめることで、返済先がひとつに絞られるため、手間もかからず利息の額も減らすことができるため、負担を減らすことができます。

おまとめローン 在籍確認
もしもおまとめローンの在籍確認が気になるのであれば、こちらのサイトがおすすめ。実は銀行カードローンなら在籍確認のときに銀行名を名乗ってくれるので、在籍確認の言い訳も立ちやすいんですよ。

東日本大震災以降初めて川内原発が再稼働

東日本大震災以降、すべての原子力発電が停止していましたが、川内原発が新たな規制基準に合格し、再稼働第1号として再稼働を開始しました。

原子力発電には様々な意見がありますが、感情論に流れ、福島原発の事故原因と対策、核廃棄物の処理、電力の安定供給と料金と言った3つの項目を客観的に議論し、賛成と反対の意見対立幅を絞り込む作業が国会でも不足していたと感じます。

福島原発は地震の揺れで一部ダメージを受けたものの、冷却用の全電源喪失は津波によるものです。しかし与党も野党もマスコミも、福島原発の津波対策として仮説の壁を設けただけの状態で放置させているのです。

核燃料リサイクルが破たんしている事を認め合う事からスタートすれば、核廃棄物の処分問題を考えれば、原発の順次縮小が合意できるのではないでしょうか。

その上で、安定的な電力供給と料金、廃炉に向けた原子力技術者の維持を考慮し、脱原発に向けたロードマップを50年スパンで構築すべきだと思います。

即全原子炉の廃炉と言った議論は、こうした原発の議論を客観的に行う事を阻害し、必要性を訴える側をこれと対照的なかたくなな姿勢にさせて来たのではないでしょうか。国論を分ける事項であればあればあるほど、極論を避け客観的な議論をすべきなのですが、そうならないのは民主主義が未熟な為か、民主主義の限界なのでしょうかネ。
カードローン審査

金利は日歩、月利、年利の3種類あります。

元金とは実際に借りたローンの金額のことで、利息とは元金に対して一定の利率をかけて出てくる手数料のことです。

この「一定の利率」のことを金利と言います。この金利は日歩、月利、年利の3種類の表示方法がありますが、金融業界でローンの金利を表示する場合は年利が使われています。

実質年率という言葉をみかけたことがあると思いますが、年利とほぼ同義の言葉と考えて良いでしょう。

カードローンなどで、いくらの金利(実質年率)でいくら借りたかが分かれば、そのカードローンでどのぐらい利息を払っていくことになるかが計算できます。

ただし、キャッシングローンは、借りた日数だけ利息がかかることになっています。ですから。利息の計算には何日借りたかという情報も必要です。

利息=元金×金利×借入期間

これが、利息の計算方法です。

仮に、元金30万円、年利18.0%のカードローンを60日間で完済したとします。

この場合にかかる利息はいくらか計算してみます。

利息=30万円×18.0%÷365日×60日

出てきた利息は8,876円です。では頑張って30日で完済したとします。

利息=30万円×18.0%÷365日×30日

利息は、ちょうど半分の4,438円です。非常に単純な計算ですが、ローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくて済みます。

したがってローンの総支払額を少なくするには、できるだけ繰り上げ返済などを行って短期間で完済することを心がけることが大事なのです。

専業主婦がお金を借りる時は・・・

今回は、専業主婦がお金を借りる時に注意することがあるかどうかについて考えてみたいと思います。

前提として、専業主婦は基本的に給与にならないけれども重要な仕事となる家事関係を受け持っている人たちのことを今回は対象とします。あるいは専業主夫という人もいるでしょう。

欠かせない仕事をしているにもかかわらず原則として給与がないということはつまるところ「収入」がないという扱いを受けることになります。そうすると何に注意すべきでしょうか?

銀行や消費者金融もそうですが、基本的に、審査を経てお金を融資します。その時の一つの基準として収入が考慮されます。その時に、不利に働く恐れがあるのです。仮に、貸し出されてもその限度額が低くなる恐れもあるといえます。

もしくは、貸してもらおうと違法行為に走るような消費者金融に手を出してしまう可能性もあります。そのような場合は、早めに弁護士などの専門家に相談することが不可欠となるでしょう。

もっとも、借り入れという手段に出なくても、クレジットカードなど巨額な出費でも少しずつ分割で支払っていく方法もありますので、そうした手段も選択肢に入れておくべきでしょう。

以上の点もあわせて注意しながら利用するようにしましょう。

消費者金融のキャッシング返済についての悩みを解決

まず、返済は借入時と同じくコンビニのATMからや、むじんくんコーナーなどから返済出来ます。

ただし、コンビニのATMで返済する場合、返済金額により手数料が加算されますのでご注意ください。

むじんくんコーナーでの返済は手数料がかからないので少しでも早く返済を望むのならむじんくんコーナーがいいですね。

次に、どうしても期日に返済できない場合ですが、いつなら払えるのかを明確にして金融会社に電話しましょう。

よほどの事がないかぎり相談にのってくれるはずです。ただし、1、2カ月以上も払えないとなると厳しいかもしれません。

あと、延滞になりますので金利20%もつきます。

デメリットしかないので毎月きちんと期日に支払いをしたほうがいいです。

続いて、毎月の返済金額を安くする方法ですが、あまり多く借りすぎないに越したことはありません。

多額になってくると、その分毎月の決められた返済額が増えていきます。

そうなると、結局生活の維持が苦しくなり他社から借りなければいけない事態になり、ますます生活が困難になりますので注意してください。

それと延滞してしまうと五年から十年の間延滞したというデータが残るのでローンなどの審査も非常に通りにくくなります。

自分の生活にみあった使い方をすると便利なものですけどね。

審査を申し込んでからの流れ

カードローンの企業は、お金が無い人や、お金が必要な人が集まって来るところです。だからこそ、慎重に貸し出しても良いかどうか考えて貸すことになるでしょう。

それは、お金の返済のメドも無い人に貸すほど、無防備な事は出来ないからです。それでお金を貸しても返済して行く人なのか、返済出来る見込みのある人なのかなどを、思案します。これが、カードローンの審査で行われる事でしょう。

カードローンの審査では、過去にお金を貸りた時の様子や、トラブルなどは無かったかなどを、個人情報機関で照会して確認します。

そして、勤務して収入を得ている勤務先への確認も行うでしょう。これは勤務先へ在籍しているか、働いているのかと言うのをチェックするのです。

このような審査は、割合に時間が掛かり、最短で30分で出来るところもあるようですが、40分から、丸一日掛かるところもあるでしょう。

審査を申し込んでからの流れは、審査待ちで、時間の空白が生まれます。審査の結果が出るまでは、何も金融企業に対して、アクションを起こせません。借入出来るのか出来ないのかの判定が下るまでは、じっと待つのみになるのです。

そして、審査を申込して通った場合は、契約をして、取引が開始される状態になるのです。契約の後は、カードを受け取り、そしてそのカードを使ってお金を引き出したり、もしくは店舗なら、手渡しで現金を受け取ったり、ネット申込や口座取引を希望なら、銀行口座に振り込みをして貰う借入方法もあります。

このように、審査を申し込んでからの流れは、審査の結果次第ですが、通ったのなら、契約借入っと言ったスムーズな流れで、融資の取引は行われるのでしょう。

運転免許証さえあれば審査は申し込める

昔の話では、お金に困った人が、運転免許証を、金融業に持って行ったら、すぐにお金を貸してくれたという話を聞いた事があります。

その話を聞いただけで、余りにも簡単すぎて、怪しい企業では無いかなど疑って聞いていたこともありました。

それが、今も昔も、個人がお金を借りる場合は、そんなにたくさんの書類なども不要で、身分証明書さえあれば、とても簡単に審査も申し込めるので、現実とても借り易いシステムのようなのです。

運転免許証が無い人であるならば、健康保険証や、住民票や、パスポートや、公共料金の支払った領収書などを、持って行くと良いようですが、これらは運転免許証よりも、確かな、身分証明になりにくいので、2種類や、幾つか用意すると良いようです。

運転免許証があるのならば、それ1つで身分証明は取れて、他の書類は不要な程に効力があるようなのです。

それで昔から、運転免許証さえあれば審査は申し込めて、契約できて借入も出来るといわれているのでしょう。

運転免許証は、身分を証明するのに、生年月日も、住所も、本籍地の記載まであるので、詳細であり、確かな身分を証明するに値するものなのでしょう。

このように運転免許証以外にも必要な書類と言うのは無いのですが、それが、借入額によって、必要になって来る書類が出て来るようです。

それは多額の金額を借入する時でしょう。一般的には、50万円以上の借入で収入証明証が必要と言われていますが、銀行系カードローンに置いては、金融業ごとに違いはありますが、もっと多額の借入で無いと、必要でないと言われているようです。

多額の借入とは、何百万円以上の借入は収入証明証が必要となると、金融業によって、金額が変わるようです。

運転免許証などの身分証明は、必ず忘れずに提示して申込することが必要です。

総量規制の対象は賃金業者のみ

カードローンを扱っている金融業はたくさんあるが、銀行のカードローンと、消費者金融業や信販には違いがあります。

それは、消費者金融業や信販の企業と言うのは、為替業務や、預金などの業務がない、お金の融資を専門とする金融御者となります。いわゆるノンバンクとなります。

銀行の場合は、お金の融資を専門とする業者では無く、預金や為替業務を行う金融業者です。このように銀行と、消費者金融業や信販には違いがあるため、カードローンを行う上でも少し違いがあるのです。

それは、消費者金融業と信販のノンバンク企業は、賃金業者という部類になります。その賃金業者を対象にされた、規制があるのです。

そして、賃金業法の総量規制と言う法律にあった業務を行わないといけないのです。その内容と言うのは、個人への融資は、年収の3分の1以上を超え無い事というものです。

だから賃金業者である、消費者金融業や信販の企業は、この総量規制の対象となるのです。銀行は、賃金業者ではないので、この総量規制の対象とはなりません。

よって、消費者金融業や信販の金融業でカードローンの融資を受けるときには、個人の年収の3分の1を超えた金額を融資して貰えないことになるでしょう。

それよりももっと借入したい場合には、総量規制対象外の銀行のカードローンを利用するとよいのです。