専業主婦がお金を借りる時は・・・

今回は、専業主婦がお金を借りる時に注意することがあるかどうかについて考えてみたいと思います。

前提として、専業主婦は基本的に給与にならないけれども重要な仕事となる家事関係を受け持っている人たちのことを今回は対象とします。あるいは専業主夫という人もいるでしょう。

欠かせない仕事をしているにもかかわらず原則として給与がないということはつまるところ「収入」がないという扱いを受けることになります。そうすると何に注意すべきでしょうか?

銀行や消費者金融もそうですが、基本的に、審査を経てお金を融資します。その時の一つの基準として収入が考慮されます。その時に、不利に働く恐れがあるのです。仮に、貸し出されてもその限度額が低くなる恐れもあるといえます。

もしくは、貸してもらおうと違法行為に走るような消費者金融に手を出してしまう可能性もあります。そのような場合は、早めに弁護士などの専門家に相談することが不可欠となるでしょう。

もっとも、借り入れという手段に出なくても、クレジットカードなど巨額な出費でも少しずつ分割で支払っていく方法もありますので、そうした手段も選択肢に入れておくべきでしょう。

以上の点もあわせて注意しながら利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です