運転免許証さえあれば審査は申し込める

昔の話では、お金に困った人が、運転免許証を、金融業に持って行ったら、すぐにお金を貸してくれたという話を聞いた事があります。

その話を聞いただけで、余りにも簡単すぎて、怪しい企業では無いかなど疑って聞いていたこともありました。

それが、今も昔も、個人がお金を借りる場合は、そんなにたくさんの書類なども不要で、身分証明書さえあれば、とても簡単に審査も申し込めるので、現実とても借り易いシステムのようなのです。

運転免許証が無い人であるならば、健康保険証や、住民票や、パスポートや、公共料金の支払った領収書などを、持って行くと良いようですが、これらは運転免許証よりも、確かな、身分証明になりにくいので、2種類や、幾つか用意すると良いようです。

運転免許証があるのならば、それ1つで身分証明は取れて、他の書類は不要な程に効力があるようなのです。

それで昔から、運転免許証さえあれば審査は申し込めて、契約できて借入も出来るといわれているのでしょう。

運転免許証は、身分を証明するのに、生年月日も、住所も、本籍地の記載まであるので、詳細であり、確かな身分を証明するに値するものなのでしょう。

このように運転免許証以外にも必要な書類と言うのは無いのですが、それが、借入額によって、必要になって来る書類が出て来るようです。

それは多額の金額を借入する時でしょう。一般的には、50万円以上の借入で収入証明証が必要と言われていますが、銀行系カードローンに置いては、金融業ごとに違いはありますが、もっと多額の借入で無いと、必要でないと言われているようです。

多額の借入とは、何百万円以上の借入は収入証明証が必要となると、金融業によって、金額が変わるようです。

運転免許証などの身分証明は、必ず忘れずに提示して申込することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です