総量規制の対象は賃金業者のみ

カードローンを扱っている金融業はたくさんあるが、銀行のカードローンと、消費者金融業や信販には違いがあります。

それは、消費者金融業や信販の企業と言うのは、為替業務や、預金などの業務がない、お金の融資を専門とする金融御者となります。いわゆるノンバンクとなります。

銀行の場合は、お金の融資を専門とする業者では無く、預金や為替業務を行う金融業者です。このように銀行と、消費者金融業や信販には違いがあるため、カードローンを行う上でも少し違いがあるのです。

それは、消費者金融業と信販のノンバンク企業は、賃金業者という部類になります。その賃金業者を対象にされた、規制があるのです。

そして、賃金業法の総量規制と言う法律にあった業務を行わないといけないのです。その内容と言うのは、個人への融資は、年収の3分の1以上を超え無い事というものです。

だから賃金業者である、消費者金融業や信販の企業は、この総量規制の対象となるのです。銀行は、賃金業者ではないので、この総量規制の対象とはなりません。

よって、消費者金融業や信販の金融業でカードローンの融資を受けるときには、個人の年収の3分の1を超えた金額を融資して貰えないことになるでしょう。

それよりももっと借入したい場合には、総量規制対象外の銀行のカードローンを利用するとよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です